B I G U P T O A L L T H E P E O P L E ! !

× 新型コロナウィルスの影響で
お困りの全ての飲食店様へ。

MEDIA

メディア

【飲食店PR動画】制作メリットと制作のコツ・注意点

「動画マーケティング」という販促手法が一般的になってきていますが、飲食業界でも動画を活用して集客を行う店舗が出てきています。

今回は、「飲食店PR動画を制作して販促を行いたい」と検討している方向けに、メリットや制作の流れ・コツをまとめてみました。

「目次」から、気になる箇所だけでもご覧いただけますと幸いです。

飲食店のPR動画制作メリット

飲食店の動画マーケティングが一般的になってきていますが、飲食店がPR動画を制作メリットについて、改めてご説明します。

料理の魅力が伝わりやすい

動画制作の大きなメリットとしては、見た方に「美味しそう」「食べたい」と思っていただきやすく、来店動機につながりやすいことが挙げられます。

動画では「肉汁が滴る」「炭火で炙られる」といったシズル感が伝わりやすく、写真以上の訴求力が期待できます。

店内・スタッフの雰囲気が伝わりやすい

料理の魅力はもちろんですが、動画では店内やスタッフの表情・雰囲気が伝わりやすいこともメリットの一つです。

店内を移動しながらの撮影でお店の広さをアピールしたり、調理・接客対応を動画にすることで、店舗に対して親しみを持っていただき、来店につながる可能性が高まります。

短時間でPRできる

ホームページや各種グルメサイトなどの文字・写真情報と比較し、動画では短い時間で多くの情報を伝えることが可能です。

「現代人の集中力は8秒」とも言われる昨今ですが、Tiktok等の10秒未満の動画を活用したマーケティングで成功する飲食店も増えてきました。

短時間でPR可能な動画を使うことで、効果的にお店の魅力を発信することが可能です。

【弊社調べ】グルメサイトのPV数・予約数に好影響が期待できる

弊社独自調査で、「動画マーケティング実施・未実施で食べログ等グルメサイトの効果にどれくらい影響があるか」といった調査を行ってみたところ、「実施店舗の方が約1.5倍ほど数値が高い」といった傾向がわかりました。

お時間があれば以下の記事をご参考くださいませ。

【実数値で見る】飲食店の動画マーケティングの効果

飲食店PR動画制作の流れ

実際に動画を制作することになったら、どんな流れで制作を進めていくのか、大まかな流れをご説明します。

お店の強み・ターゲットの洗い出し

料理・空間・サービスといったお店の強みと、ターゲットにしたい客層の洗い出しを行います。
飲食店としてどういったサービスが提供可能で、どんな客層(宴会・デート利用・普段使い・記念日など)に来店してほしいのかを定めます。

動画の構成を決める

決定した「強み・ターゲット」に基づき、動画の大まかな構成を決めます。

以下のような項目について検討し、おおよその撮影内容と時間の目安を定めます。

・どんなカットが必要か
・撮影する料理の検討
・エキストラ(人員)の準備
・道具の準備

この段階で、大まかな絵コンテ(ラフ絵・撮影内容・大体の秒数)を作成しておくことで、撮影時の抜け漏れを防ぐことができて良いです。

動画の撮影

決定した構成に基づき、動画の撮影を行います。

店舗の雰囲気、料理の美味しさが伝わるよう、アングル・光の加減などに注意して行います。

動画の編集・加工

撮影した内容を基にトリミング・結合・BGM挿入といった編集を行います。

BGM・効果音は、極力著作権フリーの音源を用いることで、YouTube等にアップした際のトラブルを防ぐことが可能です。

確認・完成

当初の構成案に合った内容になっているか、お店の強みが表現できているか・ターゲットへの訴求ができそうか等、最終チェックを行います。

OKであれば完成です。

飲食店がPR動画を制作するには

飲食店が実際にPR動画を制作するためには、基本的に以下の3パターンから選択する形になります。

①自力で制作する
②業者に依頼する
③クラウドソーシングを利用する

それぞれ、手間やコスト面メリット・デメリット等をまとめてみましたので、ご参考ください。

各パターンについて触れていきます。

自力で制作する

自力での制作は、撮影・動画編集といったスキルや撮影機材・動画編集ソフト等の準備も必要になります。

昨今では高性能なスマホでの撮影や、安価な動画編集アプリ・ソフトでも比較的高品質な動画を制作できるようになりましたが、店舗運営の傍らで行うには負担が大きい可能性もあります。

業者に依頼する

動画撮影・制作を専門に行う業者に依頼します。

その他の方法よりも、比較的コストは高めになってしまいますが、その分手間は少なく高品質な動画になるケースが一般的です。

動画制作の経験がない場合は、自力での制作やクラウドソーシングでの制作が負担になる可能性もありますので、専門業者への依頼がコスト・クオリティ等の観点から優れている言えます。

弊社でも、「10万円~で動画2本制作可能」リーズナブルな飲食店特化型の動画撮影・制作サービスを提供しておりますので、ぜひご参考ください。

【Movie Create】 | 飲食店特化型 動画制作サービス【集客・動画マーケティング】
https://big-up.link/movie/

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、昨今需要が増えつつある「ランサーズ」「CloudWorks」といったサービスを差します。

業者を介することなくワーカーに直接発注できるため、費用が安くなりやすいというメリットがあります。

反面、案件募集に際しては発注側が依頼内容を詳細まで明確に示す必要がある点、ワーカーとの密なやり取りが必要になる点から、発注・依頼・管理等のスキルもある程度必要になるケースが多いです。

また、ワーカーによるクオリティの差も大きいので、制作実績等は事前によく確認しておく必要があります。

飲食店PR動画制作のコツ

動画制作の流れ・方法についてご紹介しましたが、ここではいずれの方法でも重要となる、「動画制作のコツ・注意点」のお話をしたいと思います。

動画制作の目的・ターゲットを明確にする

「何のための動画制作か」・「動画で訴求したいターゲットはどんな客層か」を明確にしましょう。

例えばターゲットが「宴会利用を検討している人」か「記念日利用を検討している人か」といった違いによって、撮影すべき内容も変わってきます。

「あれもこれも」と盛り込みたくなってしまうものですが、1つの動画で

動画の画質・音質に気を配る

画質が悪かったり、音声が割れていたりなど、動画のクオリティに問題がある場合、却って逆効果になってしまう恐れもあります。

撮影の段階で画質・音質のチェックを行い、品質に問題ないか確認することが重要です。音質については、マイクや録音環境の影響を受けやすいので、ある程度高品質なマイクを準備できると理想的です。

継続的に動画制作を行うようであれば、機材をしっかり揃えるのも一手です。

店舗情報・動画からの導線を整える

動画のみに限らない話にはなりますが、動画を見た方が店舗ページを見たり、お店の予約に辿り着けるかどうかに気を付けます。

具体的には以下のようなことに注意します。

・動画内や動画タイトルに店舗名が入っているか
・打ち出したいメニューの品名・情報が入っているか
・動画の概要欄に店舗ホームページ・グルメサイト・予約ページのリンクは記載されているか

その他の注意点としては、SNS上での再生時は音声なしで視聴する方も多いため、可能であれば台詞それぞれに字幕を振っておくとベストです。

音源・効果音の著作権に配慮する

前の項目でも少し触れましたが、動画内で利用するBGM・効果音はフリーの音源の利用を推奨します。

YouTubeをはじめとしたWeb上で動画を利用する際、著作権の観点で公開停止になる可能性があるためです。

停止にまではならずとも、昨今はコンプライアンス遵守の重要度が高くなっているため、動画が原因で思わぬ批判を受ける恐れもあり、逆効果になる可能性もあります。

動画への流入経路を確保する

せっかく作った動画も、ターゲットとなる方に見てもらわなければ効果がありません。

例として以下のような方法で動画への流入経路を作り、動画を見ていただけるよう導線を作成しましょう。

・ホームページへの掲載
・店舗SNSへの掲載
・店舗LINEやメルマガでの配信
・キーワード広告・SNS広告等の広告配信
・ポスティングチラシへの動画QRコード記載

まとめ

飲食店のPR動画制作メリットと制作のコツ・注意点についてお話させていただきました。

PR動画を制作する飲食店が多くなってきていますが、ターゲット・強みを明確に打ち出し、「制作のコツ」でご説明した点を押さえておくことで、今からでも効果的な動画マーケティングを行うことが可能です。

動画制作には以下のような方法があり、それぞれ長所・短所があります。

①自力で制作
②業者に依頼
③クラウドソーシングを利用

弊社でもリーズナブルで高品質な動画撮影・制作サービスを行っておりますので、よかったらページだけでもご覧ください。

【Movie Create】 | 飲食店特化型 動画制作サービス【集客・動画マーケティング】
https://big-up.link/movie/

目次